abeshi's snapshot :Exhilarate 軽いカメラ PENTAX K-S1

K-S1について色々語った記録(現在終了) by Abeshi.

タグ:DA★

色々考えましたが、K-S1は私の中で消化しきれませんでした。


軽いカメラとしてQ(Q7、Q-S1)を使ってきて、そのステップアップとして検討した機種でした。
光のギミックとか面白いものが搭載されていたり、素直な色づくりなど良い機種であるとは思います。

1年まるまる使っていたわけではありませんが、そこそこに持ち歩いて使ってみて、脚色なしで素直な感想を書きます。

2015-07-17-14-49-35
PENTAX K-S1: Sigma 18-50mm F2.8 1/125s ISO100
#仙台のガーデンショップにて



【操作性】

独特のUI。SONYのクイックダイヤルを思わせるようなとっつきやすいインタフェースです。
ダイヤルが固めで指で頻繁に回していると痛くなりますが、判りやすいと思います。また、Tvで設定した情報をAvでもできるだけ維持するので考えて切り替えるときも違和感がありません。

光はタイマーのときにとても役に立ちます。直観的で恥ずかしいポーズを取りやすいです(笑)

AF/MFの切り替えスイッチの位置が悪く、勝手に切り替わることが多いです。
ただし、オートフォーカスを外し、置きピンして撮ることを考えるときにはすぐに操作できて楽ではありました。




【表現力】

20MPの表現力、ローパスセレクターのおかげで、とても綺麗な絵になります。
その他、カスタムエフェクトを色々選べます。フェードカラーやハードモノクロームなどがお気に入りです。赤外調を使うときには露出補正で明るめにズラす方が良い感じでした。

様々なKマウントレンズ、こと、FA Limitedシリーズをオートフォーカスで使えるのは嬉しいです。


image
PENTAX K-S1: DA16-85mm F3.5 1/15s ISO6400
#パリの教会 サン・ジェルマン・デ・プレの午後2時半。
GPS記録していれば、後からiPhoneで場所(建物名も)表示


また、高感度な事で、本来薄暗くてよく分からないような場所の景色も後から写真を通して見つめる事もできます。上記の写真はその薄暗い場所で肉眼では絵の内容が良く分かりにくいモノですが、まるで近くにライトがあるかのように写しているところを見ると、K-S1のISO6400での性能はナカナカです。



【携帯性】

軽さによる恩恵は大きいです。558gというのはKマウントのボディとしてはかなり軽量です。
ただ、一方で他社のカメラと比較すると、ミラーレスなPanasonicのGX8が435g、SONYのα7IIが599g。CanonのEOS KissX7iで580gですから、ミラーが付いていることを考えたら「そんなもん」な重さかもしれません。


ハード的な搭載ギミックと、レンズ含めた持ち歩きのトータルな重さを見る時代になってきていますので、フルサイズを継承しているKマウントレンズの重量、チルトやバリアン液晶もGPSも無い本体としてみると、他社比較で「頑張ってないな」という重さでもあります。

KマウントのF2.8なズームレンズは総じて重いのが多いため、良いレンズを求めるとレンズとカメラ本体の重さバランスは非常に悪いです。

このカメラは単焦点のレンズでサクサク撮りにいくのが向いています。ズームは他社製の明るくて軽いレンズをK-S1に組み合わせて利用しましょう。



【機能性】

GPSユニットO-GPS1アストロトレーサーを利用できます。利用するときにカメラ本体側のメニューからランプのコントロールもできます(衛星を捉え出ることを知らせるときの青い点滅だけは制御できません)。

他、取りかえるのが結構大変なのですが、フォーカッシングスクリーンというファインダーをのぞいたときに薄ら基準線を表示するガラスみたいなものも交換できます。
その他、TAv時に2ダイヤル目が無いため、Hyper操作はできません。マニュアルレンズを使う際には少し不便かもしれません。



ソフトウェア的な機能としては、そつなく持っています。

使っていて困る機能はほとんどありませんでしたが、水準器機能や水平補正というペンタックスのほかの機種にあるのにこの機種にないのがNGでした。

初心者のために、エントリー機にとって一番必要な光学ファインダーをのぞいた時のガイドラインや、水平水準器、またはその補正が無いということはとても残念でしかたありません。
光学ファインダーの方はフォーカッシングスクリーンを別売で交換すればなんとかなりますが・・・EVFだったら簡単なのに、と、何度も思いました。


image
PENTAX K-S1: DA16-85mm F3.5 1/40s ISO100
#パリ、川の公園にて すれ違い

シャッタースピードやISOの高感度性能は申し分がありません。もっとも連射バッファは少ないので1度に何枚も連射する使い方には向いていないでしょう。

残念ながら、動体へのAFは多点にしてもそれほど精度がよくなく、全ての局面で中央1点ピント合わせで使うことをお勧めします。
でも中央重点にしていると、上記の写真のようなシーンで小さめの物体が走って〜子犬などを追いかけながら、ピントを合わせ撮るのはまず厳しい。
中央重点にしてファインダー覗きながら追いかけるなんて普段のスナップではとても難しいことです。
そんなときに連射が活きてくるんではないかと思います。
まぁブれてても本人の思い出に貢献していて面白ければ、それでいいんじゃないかな。K-S1を使う時には少しくらい気を大きく持たないとダメかもしれません。


【総評】

ぶっちゃけ、誰のためのカメラ?と悩みます。初心者なようで、初心者向けの大切な水平水準器機能を削っていたり、三脚使わないんだろう設定にしたとしても、光学ファインダーにはガイドラインすらない。
まあ、他には珍しい光で知らせる機能や指で大きく回すダイヤルを搭載してて、一見優しそうなんだけど、他のカメラとの違和感が有り、ステップアップにもベースカメラとしても独自過ぎ。

でもって、できるだけ重さを軽くしたまでははいいけど、レンズとの重さバランスが悪くて知らぬ間に切り替わってる不親切なAF/MFレバーを側面に配置したボディ。
チョット使う人の気持ちの理解が足りてない気がします。フィールドテストを俺がしたらターゲットに対するハードのデザイン、ダメ出しだらけだったかも。


結論は微妙な対象しか見えてきません。『他の人とは違うものを好むメカ好きで、カメラにそんなに詳しくない人で噂のFAリミテッドレンズを使ってみたかった人向け』ですかね。最近の価格は発売当初の半額以下も珍しくないので安く本格なイメージのカメラが欲しい!、な人にはもってこいかもしれません。今の価格ならヒョイっとても出せそうなきがするし、初期の売り方を間違っただけかもですね。


残念ながら、アーリーアダプターだった私は消化できなかった。
他と違うっていうのは良いんだけど、私にとって大切なところの機能が無いのは使いにくかった。
しかも、Qのステップアップとして検討していただけにタチが悪かったかもしれません。
水準器がない、放置して皆と歓談している姿を残せないインターバル撮影も使えない、あまつさえ使いたいと思うようなF2.8クラスのズームは重い、装着すると不安定で構えてると勝手に切り替わるAF/MFレバー。・・・使い勝手の面での不便が目立ちすぎました。カスタムフィルターの事前登録&クイック呼び出しもありません。つまり、何とQより機能や操作性がダウンしてしまったのです。


2015-07-19-11-17-49
PENTAX K-S1: Sigma 18-50mm F2.8 1/60s ISO1600
#仙台:蒲鉾屋の敷地内

結果、あえて構図を斜めにする写真が増えました。1万枚ぐらい取りましたが、
振り返るとQの頃に比べカナリ斜めばっかりです。

これ、初心者向きでもない気がします。初心者がPENTAXに求めるのは「防塵防滴」だったり「ハイパーダイヤル操作」するほかのメーカーには無い機能じゃないでしょうか。

それはこの機種にはありません。

「軽い」というところまでは良かったけど、ズームレンズを付けたトータルシステムで、K-S1にスナップとしての汎用性を求めるのはいけない、という感想です。

猫を撮りたくてもモニタはチルトしません。だからファインダーも液晶も見ないでカメラを低くして写っているかどうかもわからないままシャッターを連写します。アクションとしては面白いけど普通じゃない。

また、私はかの人と決定的に違うのが『撮影後の結果が撮るときに見えて当然、目の前より結果が全てとして求めて撮る』タイプだということ。
Qやコンデジ世界で10年以上育った私。
液晶モニタで見ることに慣れ過ぎてた私はOVFと相性がとても悪すぎなんです。
(もしかしたら目で見えてる世界の露出具合と、記録された絵の露出具合が一致していない感があるから結果が目の前で見られないOVFが嫌なのかもしれない。かつ後で写真をいじらない派だし。が、素人なので光量比較とかできないし、なんとも説明ができない)

軽さも同じ。明るさも同じ。朝や夕方に使いたいF2.8クラスで撮るイメージをコンデのジ感覚でK-S1に求めるとPENTAX のズームレンズは重く大きいのでかなりキツイ。
慣れなくて1年経たないうちに2本落としました。高値のF2.8のもので共に重い奴。私はここで目が覚めました。


でも、初めからLimitedレンズや軽い単焦点レンズを付けて使う前提でいると、ものすごく軽くて軽快なカメラになります。ズームレンズの時は交換なんてしない。むしろズームなんていらないと割り切れるカメラ好きの人のためのサブカメラ何だと思います。

残念ながら、私は手放す決意にしました。だから、ここでこのK-S1ブログも終わりにしたいと思います。

決して悪いカメラではなく、私の中でステップアップとして消化したいメインのカメラになれなかった、それだけです。

あ、後、まぁ、これ大切な事ですが、新機種としてデビューした後から半年もたたずに欲しくなるようなカラーバリエーション(白いモデル)が登場したり、K-S2とかいうバリアンできるモデルが出た、というアーリーアダプターをちょっと小馬鹿にするような売り方も嫌いでした。
中々物を出さないPENTAXブランドイメージが定着していただけに、発売と同時に飛びつくのはバカみたいな感覚を覚えてしまったのはキツイ。そういうイメージがついてしまいました。
2か月に1度必ず何か出す、という今のイメージなら良かったんですけどね・・・。
そういうのが重なったり、高価なレンズを2個落としてダメにしたり、という色々なものの連続が、K-S1というカメラに愛着が持てないままになって、最後は他のに変えたい、という積み上げに繋がってしまったようです。


2015-07-04-15-35-03
PENTAX K-S1: DA★50-135mm w/ DC1.4 F2.8(4) 1/125s ISO400
#(落とす前のラストショット)



まだまだ、私の写真ライフはPENTAX Qを基点に続いていくと思います。が、ひとまず、このK-S1という機種のお話は終わりにしたいと思います。今まで気にしてこのK-S1側のblogを見にきていただいて、本当にありがとうございました。

この記事が世に出るときは、すでに手元にないはずです。

see you, the other body. ..

こんにちは

PENTAX K-S1、軽いので重いレンズは向いていません。やはり、このカメラ、似合うのはリミテッド系の軽いやつ、DAの中でも、取り分け500g前後を切るような奴との相性で考えたほうが良さげです。

このカメラ、とにかく写りがむっちゃ良くて軽いというのが最大の魅力です。

K-S1を持ってる時は『じっくり』腰を据えて使うような使い方はしないんだヨ、「俺は三脚すら使いたくねぇ」っていう一点頑固突破型のカメラだと思います。

また、旅行に行くときなんかも『基本領域だけはオレがやる』、『他の距離範囲はQ7やiPhoneに任せたぜっ』、っていう無茶苦茶な主張を無言で発してくれるカメラな気もします(笑)。

でも任せた領域はQ7よりもiPhone6よりもレンズの味も活かしてバッチリ安心ってな感じで頼もしいです。ココがいいですよね。フォーカッシングスクリーンをオプションで手に入れて交換しアイレベルの像にグリッドを入れてからの数日、ようやくですがK-S1を気に入ってきましたヨ。相変わらず覗くの面倒くさいですが(笑)

・・・そこで、1年ちょっと前にQ7で初めて一眼カメラ世界・・・正確にはオールドレンズを含めた「レンズ沼」に足を踏み入れた私、その手持ちレンズの中でK-S1に向いていて使えそうなものを例にして、どういう構成が一番ベストになるのか、理想の持ち歩きパターンは?っていうのをQ7の基本重量を300gを一旦目安として考えてみたいと思います。


IMGP1286_FA77

FA77mm Limted F1.8 270g +K-S1:560g で830g ○ 2.5個分

写りは手持ちレンズの中で最高。結構軽い。

IMGP1289_50-135

DA★50-135mm F2.8 685g +K-S1:560g で1245g △ 4個分

2番目のお気に入り。少し重いのですが77には無いズームが頼もしい。

IMGP1292_L40

HD DA40mm Limited F2.8 88g (フジツボ付97g)+K-S1:560g で657g ○2個分

3番目のお気に入り。鞄に入れる時はいつもコレ。デザインもスナップ性も高くものすごく軽い。

IMGP1290_18-270

DA18-270mm F3.5-6.3 453g +K-S1:560g で1013g △ 3.4個分

少し色や暗さに難はあれど、日中に歩き回る時は頼もしく、コレ1本で済んでしまうのがお気に入り。

IMGP9550

SIGMA 18-50mm F2.8 EX MACRO 485g(プロテクタと花形フード込で546g) +K-S1:560g で1045g △3.5個分

最近手に入れて実験中、スペック的には私の理想のレンズ。室内で明るく料理と一緒に相手も写せ、しかも寄れる。但し現実は少し周りが流れてたりアンダーぽいんです。確か18-20cmでAFきます。

IMGP9545

SIGMA 170-500mm F5-6.3(ずっと150mmと勘違いしてた・・・1345g) +K-S1:560g で1905g × 6.4個分

割と前にQ7で遊ぶために(換算2300mm)手に入れていましたが、Q7じゃボヤっとしてしまうし暗いから使い物にならなかったやつ。この間トンボとか撮ってるときに便利かもって思いました。
車で移動するときに持っていく感じ。超望遠はコイツ。

IMGP1291_R70MA

RICOH 70-150 F4 (MF) 463g +K-S1:560g で1023g 3.4個分

オールドレンズの中でも結構使える便利なやつ。発色が好み。まだK-S1での試運転は終わっていないので付けた画像だけ。

IMGP1287_PM50

PENTAX-M 50mm F1.4 (MF) 236g +K-S1:560g で796g 2.65個分
こいつもオールドレンズの中で結構気に入っている奴。
ちなみに、コイツのデザイン、めっちゃK-S1に似合っています。このデザインで18-50mmくらいのレンズがでたら飛びついちゃうだろうなぁ、こういうK-S1に向いているデザイン優先してて明るいF値のレンズが出たら嬉しいのに・・・。


・・・今のKマウントのレンズ沼っていうと、上記のような感じです。正直、Q7比較で4個分(1200g)を超えだすと、もう重くて持ってられません。

持ち歩きも、レンズとカメラ全体で2kgが限界ですね。この2kgってのは昔2kgのMacBookと前進であるPowerBook を毎日3kg近いのを持ち歩いていた過去の通勤経験からはじき出された限界です。

といった経験から来るに、出てくるのが以下の感じ。

(1)DA★50-135mmを後ろのズームとして考えると、広角系の前はSIGMA 18-50mm&HD DA40mmにするのがベストかな。HD DA40mmは鞄の中でのキャップ扱い。前は室内や夜中心。写りは全般的に良くなりそうだが、若干重めの持ち歩き。

(2)DA18-270mmの一本中心でFA 77mm単焦点、50mmのF1.4かもう一つ20mmクラスを手に入れて数本持ち歩くパターン。日中は便利ズーム、室内と夜は単焦点に任せる感じ。基本1本なので機動力は高い。軽さも問題なし。

(3)広角側はQ7+08番にお任せ、もしかしたら06番の中望遠もQ-S1にお任せ。換算30-100mmクラスをK-S1で担当する新レンズを求めるかSIGMA18-50mmにほとんど任せてしまうパターン。
ただし、こうなると年末までに出そうなDA16-85mmが本当は向いていそう。

もちろん、今持っているレンズ前提なので、組み直しもありかとは思うのですが、基本中心的に使えそうなものはF4以下のレンズで構成してきたので、もうすぐ発売されると噂のDA16-85mmはどうなるのか、広角側の悩みを解決してくれるのか?それともtamron A16にしないと駄目か?っていう焦点どころではあります。
SIGMA18-50mmは全般的に良いんですけど、まだあまり活用できていないんです。
それと、少し試している限りでは若干アンダー気味に写るところと、広角の端・四隅に色収差が見受けられてて色や文字が滲んでるいる気がしています。
正直、超広角の領域に限って言えばQ7の08番の写りの方が好きでそれで満足しているんですよね・・・。まだアストロ手に入れてないし・・・。


それから、FA31mmなどを含むLimitedの新規導入も捨てがたいのですが、やっぱり付け替える手間、落としたらもったいない、あんど、F2.8系のボケを作りやすいレンズを結構もっていることを考えると、そんなに急ぎで欲しい!っていう気がしていないんですよね。そもそもあれ純正フードが駄目だし。HDコーティングした新バージョンとか出る可能性も捨てがたいし、数年先にそうなってからでもいいかなぁ、と。出るかどうかも判らないですけど。


うーん、やっぱり、K-S1はQのサブになりそうだなぁ・・・。あ、いや、一点集中で任せろ的なメインか。

もしかしたら、私のスタイルはとにかく「軽く」「時間短縮」で「明るいレンズ」が主なので、正直 09番のマクロなQマウントレンズが出たときには、Qの3個同時持ちスタイルっていうのもアリなんじゃないかと・・・。
実は・・・その方が機動力もあったりして・・・クイックダイヤルあるし、ユーザー登録もありますしね・・・。うーん・・・。

それに、Q7やQ-S1のそれぞれにレンズを別々に付けて、例えばQを3個同時持ち運用したとしてもトータル1kg切っちゃうんですよね。それで結構賄えてしまったり。

うーん、悩む悩む・・・。


こんにちは。

休日は、K-S1を持ち歩き始めています。いま、台風前に少しだけぶらりできました。


KS1P0972

PENTAX K-S1 : DA★50-135mm w/ A.F.R.C.1.4x 1/30s F5.0 lens:144.2 mm(216 mm) ISO800

今日はDA18-270mmの話もありますが、どっちかと言うとこの DA★50-135mm の話しを。

というか、DA18-270mm という便利ズームとFA77mm limited という構成にHD DA40mmを付け足してK-S1をイロイロ使ってみているのですが、まず、軽いボディには出来るだけ軽いレンズを付けるのが正解ってのは判りました。

HD DA40mmを使ってると、本当に軽いって正義だなあ、って思います。
特にずっと歩きっぱなしの旅行。首が痛くならないのは大きいです。

で、便利ズームなDA18-270mm、本当に広角から望遠までこなせて色乗りもまあ良くて便利なんですけど、やはり昼間しか、というか、明るい日差しがあるときしか納得できない絵になりやすいんですよね。

暗くなってくると、なんか、これならQでもいいかなー、って思える時があります。


私にとって、DA18-270mmは朝とか夕方に出番がないことが多いので日中専用になりつつあります。

A3プリントどころかA4印刷も滅多にしませんし、等倍鑑賞なんてのも縁がなく、かつ、後からRAWを現像したりするのも面倒くさがりなので撮る時一発勝負なんですが、それでも、K-S1にはQ7よりいい絵を望みたい訳で・・・。

で、ボケを活かした写真や、緻密な建物のショットはQ7からK-S1になることで、かなり良くなりました。

また、Q7からK-S1になることで ISOを6400位まで持ち上げられるようになったんですけど、それが嬉しく、Qではブレて撮れないところでも気楽に撮れるようになりました。

ただ、そうであっても、なんか、こう、FA77mm limitedを知ってしまったからか、どうせ撮るなら、ってな感じで、DA18-270mmではやるせないの時が多く感じ始めています。

あ、DA18-270mmをつけてる時のイメージは、こんな感じ。

IMGP1290_18-270


コレは広角状態で一番コンパクトな時。ズームロックもあるので安心して持ち歩けます。
この18-270mm、便利でしかも割と軽く453gで、まあ、首から下げても辛くはありません。

但し、花形フードは邪魔くさいので簡単に伸縮出来るエツミのラバーフードにしています。

うーん、
と言うことでレンズ計画を再構築していこうと思います。
HD DA40mmのスキッとした写りが割と好きなので、こいつを持ち歩きの収納アーンド気軽スナップ用のボディキャップ替わりにして、前と後ろのレンズのメインを考えてみました。

結果、後ろはDA★50-135mmを選択。

IMGP1289_50-135


ただし、Q7で06番使ってる時に感じてる換算200mmじゃもうちょい足りない!

っていう長さになるので(135x1.5=202mm)、AutoFocus対応Rear Converter 1.4x 略してA.F.R.C. 1.4x を必要に応じて繋いで使ったり外したり、の運用にしてみました。55-300mmの奴と結構迷いましたが、歩く時の微妙な重さの違いを重視しました。
AFRCが必要な時には鞄から出すということで。

コレが、意外にイイ。この辺の話はまた今度にして、取り敢えず このDA★50-135mmを使ってみて撮ってきたモノを幾つかアップ。

例によって、気になる人はオリジナル置き場からでお願いします。
ここはサムネイルです。オリジナルの配信は終了しました。

KS1P1042
PENTAX K-S1 DA★50-135mm w/ A.F.R.C.1.4x: 1/200s F7.1 lens:189.0 mm(283 mm) ISO800

#レッサーパンダの髭感とかも撮れる

KS1P0915
PENTAX K-S1 DA★50-135mm: 1/200s F3.2 lens:135.0 mm(202 mm) ISO400

#花を撮ってもステキ

KS1P0904
PENTAX K-S1 DA★50-135mm: 1/400s F2.8 lens:135.0 mm(202 mm) ISO100

#この猫オブジェがカワイイ

このDA★15-135mm、正直いうと、重く、685g。但し、K-S1本体の軽さのお陰でなんとか耐えられる範囲にきています。こういうところで少しでも軽いボティってのが効いてきます。
それと、やっぱり花形フードが好きじゃないのでこいつにもラバーフードつけてます。
まあ多少重くても、FA77mm limitedを使わなくても良いくらいに活動範囲が広がってますので、逆に旅行にはFA77mmを持っていかなくて良くなり、気分的に楽になります(笑)

旅の時はレンズ交換があまりできないのでズームの方が気楽でいいですよね。


Qと違って片手でホイっとレンズ交換出来ないので時間がかかります。
落としたりとか気にしだすとFA77mmはヒヨイヒョイと持ち出してガチャガチャやりたくないし。
また、レンズ交換を何度も繰り返すとその分機動力は落ちてしまい、せっかくの旅行の時間を奪ってしまいますから、やっぱりレンズはあまり替えない方がベストですよね。



KS1P0874
PENTAX K-S1 DA★50-135mm:1/160s F3.5 lens:50.0 mm(75 mm) ISO100

#フェードカラーは良い味

KS1P0830
PENTAX K-S1 DA★50-135mm: 1/400s F4.5 lens:90.0 mm(135 mm) ISO100

#撮影地は横浜



だから、本当は便利ズームでF2.8クラスのもので500gを切るようなレンズが欲しいのですが、満足出来そうなものが無いんでチョットションボリ。


KS1P0990
PENTAX K-S1 DA★50-135mm w/ A.F.R.C.1.4x: 1/30s F18.0 lens:189.0 mm(283 mm) ISO800

#コレは快心のショット、ザ・ワールド的(笑)


最後のはこの若干遅めのシャッタースピードでこの時を止めたような絵、K-S1にこのレンズDA★50-135 with A.F.R.C. 1.4xを付けてたからこそバッチリのシーン、丁度良い距離感に出逢えた形です。

こういうのが撮れてくると、あぁ、Qじゃ無理な世界に足を踏み入れたんだな、って気がしてきます。
うん、重くてやだなー、でも、良いなあ、って思ってた世界に足を突っ込めたのを感じると、K-S1はやっぱりイイなって思います。

↑このページのトップヘ