abeshi's snapshot :Exhilarate 軽いカメラ PENTAX K-S1

K-S1について色々語った記録(現在終了) by Abeshi.

タグ:写真管理

こんにちわ

昨日に引き続き、シャルル・ド・ゴールじゃなくて、ゴールドエクスペリエンスな金のMacBook12のお話です。そういや、正月からゴールド続きだな・・・。

IMGP9126


今のMacBookって、BootCampで普通にWindowsもつかえるので良い世の中になりましたよね。
真っ黒で3kgもあった時代のMacOSのノートに比べれば・・・すごい世の中になったものです。

しかも、パソコンを運搬する外箱がリュックに収まるってどういうこと!?

IMGP9122

あけるとこんなでした。

IMGP9123


化粧箱はMacBookの色に合わせてあるし、今回OSの移行作業や細かなところでアイコンも金色なんですよね。

IMGP9124


そして、まだ、AppleStoreに買いに行かないと手に入らないUSB-Cアダプタ。銀座なら2Fで売っています。

IMGP9125

今回は、このUSBアダプタが無いと、bootcampができません。

もちろん、従来使っていた環境を引き継ぐのにも必要ですよね。

IMGP9130

USBメモリを取り付けるとこんなブサイクになります。
こんな状態でbootcampの設定をしていくわけです。



0aKS1P9082

さて、前座が長くなりましたが、お待ちかねの?Windows10TPのお話となります。

そもそも、今回からbootcampでWidndows7が対象外になったとかいうじゃないですか。
うちにあるWin8はDVDインストーラの無い中華タブレットしかありません。

手持ちの最新WindowsインストーラDVDは、Windows7Pro。これを入れても使え無いとかいわれるのもなぁ・・・そんなご無体な、っていう感じでしたが、そうそう、今はWindows10を体験できるプログラムがあるじゃぁないですか、と思い出したわけです。

だから、これ(Win10)でやってみましょう、っていうことで、色々やってみました。

結果、問題は残るものの、以下のようになりましたのでその工程です。


aKS1P9073

雪山の背景、いいですよね。
でもエアロ無くなっちゃうんですかね・・・。

さて、インストールは、よくある MacBookAirにWindows10テクニカルプレビュー版のインストールを!
みたいな手順画像付きの説明はしませんので、そういうのはそっちのサイトをgoogle先生に聞いて、参考にしてくださいな。

簡単に手順を記載します。では、以下。

  1. USB−Cと普通のUSBメモリが繋がるようアダプタを手に入れる

  2. Windows10TPの評価に参加ログインしISOを手に入れる。

  3. bootcampアシスタントで8GBのUSBにISOから転送セットアップ・作成

  4. もう一度アシスタントで忘れずにbootcampのWin用ドライバを放り込む

  5. 再起動後、USB側から起動したら「bootcamp」って書いてあるパーティションをフォーマット

  6. もう一回再起動が必要なのでその時は起動音が鳴ったらすぐさまoptionキーを押し続けwindows側で起動

  7. セットアップでリターン押したいのに押せない!っていうもしキーボードが反応しない状態になったら、慌てず一度USBメモリを一度抜き、すぐさま外付けUSBキーボードに繋ぎかえエンター押し作業し、画面遷移したらすぐさま抜き差ししてUSBに戻します。

  8. ログインまで進んで、画面が出たら、Explolerでフォルダを開き、サイドバー下の方にあるbootcampのINSTALLERのUSBメモリに転送しておいた、まずはbootcampフォルダのMacBookを認識っっせるドライバをsetup.exeファイルから実行し一度再起動。

  9. 再起動後、慌てずもう一度bootcampを念のためリカバリー。

  10. 無線の設定をして・・・cmd+Aで右下に無線ボタンでるので・・・その画面遷移先でSSIDなどをセットアップ、googleとか見に行ってインターネットが使えることを確認します。

  11. コントロールパネルの保守からWindowsUpdateを実行し再起動します。

  12. こうすることで、ディスプレイのドライバとかもキチっと使えるようになりました。画面のもたつきもなくなり、IntelGraphicドライバーまわりもデスクトップに対して2本指クリックで右クリックメニューとして出てきます。そしたら解像度を一番高いやつにセット

  13. dKS1P9079

  14. 文字が小さすぎるので、文字の大きさの設定画面をコントロールパネルから200%くらいの結構大きい奴に変更

  15. 再起動後には、約10秒で立ち上がるWindows10の世界!


但しどうやらJISキーでカナによる日本語IMEのオン、認識はしませんので諦めてください!(笑)いや、これ、どうやればいいんだろ…(なぜか、caps lockキーで日本語のON/OFFが切り替えられますけど・・・)。

あと、Bluetoothは公式でもアナウンスありましたが、デバイスマネージャにすら出てきません。設定のしようがないですねぇ。ま、WiFiで使うし、こっちはメインじゃないから問題ないか。


では、以下、ここまでの参考画面ですよ〜。

bIMG_4678

新しくなったスタートメニュー。右上がポイント。電源オフのマークがあったり、最大化ボタンがあります。最大化すればWindows8.1のような全画面スタートメニューになります。

bootcampのドライバが入っている状態では、F1-F2で画面の明るさも正しくコントロールされますし、F3でウインドウマークを押した状態にすることもできます(引っ込めることはできない)。

Office365の認証がある人は、MicrosoftアカウントやOffice365サイトのログインで使えるようにできます。例えば、タブレット側についていた方を非アクティブにし、bootcamp側にインストールしてアクティブ化すれば、こっちで365が使えるようになります。

cKS1P9078

bootcampのメニューはコンパネで見つから無いけど、タスクバーにはありますから、こっちから右クリックでOSX再起動とかを選んでいきます。あ、このタスクバー、左側に置き直しちゃいました。


eKS1P9077

cmd キー + A で右側にワイヤレスやフライトモードを切り替えられるスイッチが出てきます。
Exなんとかっていう付近の文字リンクを押せばボタンの全部が表示されるので、非表示のワイヤレスネットワークとかも簡単に設定できるようになりました。
ただ、うちの非表示のワイヤレスネットワークを覚えるのに3回くらい登録したな・・・。

これは評価版だからかなあ。

fIMG_4679

PC 版 nasne閲覧ソフト、PC TV with nasne も起動できます。オンデマンドの直接閲覧はぐるぐる回りつづけていて、さすがに無理、反応が戻りません。ですが・・・。

gKS1P9075

これはマシンのスピードだけでなく、ワイヤレス環境も左右するので一概には言え無いですよね。 でも、macbookにTVデータをPC転送(高速版も普通版もどっちもOK)することで、ちゃんとカクつくこと無く再生でき実用範囲。たくさん持ち歩くならbootcampの領域確保が必須ですね。

KS1P9076

Office365は、簡単にネットワークからインストールできるようになったりしたのがいいですよね。


今回、bootcampには90GB程度しか与えていないんですが、Win10TP-OS + Office365Psで33GBくらいの容量が必要でした。
いやぁ、これ少ないですね。まぁ、もっとも今はまだ音声認識やらスパルタンやらがちゃんと実装されていないので まだまだ領域は多めがいいかもしれませんね。

あ、それと、まだ私のところではストアが機能してませんね。まだまだかなあ。
そんな状態なので、FFやらドラクエやらのベンチものは試すつもりが無いので(遊ぶつもりも無いので)、そういうのはマスメディアの検証をワクワクしながら待ってもらえると嬉しいです。

まぁ、nasneのPC再生やHOME画面のもたつき見る限り、FF11 ONLINEぐらいなら画面解像度落としてモーションや天気効果切りまくりにすれば遊べそう、ってなぐらいなんじゃ無いかなぁという雰囲気です、これ。
 

P.S.

アイコン用に作ったゴールドmacbookなPNGフォーマットのファイルも置いておきます。
急ぎで作ったので少しいびつなのですが、まぁ、ちっちゃくなるから平気でしょう。
macbook2015_GoldIcon
 

こんにちわ

今日はいつもと違って写真を管理する側の機材を新調したので、お話でも。

じゃーん、Apple の新しい MacBook 12インチモデル、ゴールドです。

aKS1P9066

ちょっとまえまでは、15インチのretinaを使っていました。いろいろあって手放してしまいましたので、それまでは色々苦労していました。
なんというか、やっぱり写真管理はRetinaな画面でやるのが一番やりやすい!(笑)

でも、私は、LightRoomを使わない派(現像に時間を使いたくない派)なので一旦はWindows (Surface)なんかでもいいかなあ、と思ってみたものの、UNIXターミナルでExif情報を抜いてくるバッチを作ったり、位置情報を簡単に管理できたり、と考えていくと、なんというか、MacOSの方が使いやすいんですよね。

bKS1P9069

フォントが綺麗だってのもあるんですけど、昔に比べ、今のMacOSXはWindowsよりもソフトが豊富になってきた気がしませんか?
だから、なんというか、ワクワク感があるんですよ、こっちの方が(笑)

cKS1P9067

今回のモデルより、光らなくなったアップルマーク。これ、むっちゃ傷がつきやすくて、初日にうっすらスジを入れてしまいました。(涙)

dIMG_4675

このゴールド、あのスパルタカス以来の金、もう、あの時買えなかったのもあり、金、銀、灰色の3色提示されたんですが、頭の中ではこれ一択でした。


eIMG_4676

この金、光の具合によって、基本はシャンパンゴールドに見えてるのですが、ピンクゴールドにも見える時あり、電球色の照明の下ではイエローゴールドにも見えます。
面白いと同時に、ホワイトバランス泣かせな色使いです・・・。

fKS1P9071

少し気をぬくと、K-S1ですら、こんな色になってしまいます。

gKS1P9070

にっしても、軽い!持ち運びがとても楽です。これなら、K-S1と合わせて一緒に持ち歩いても苦になりません。

hKS1P9072

この薄くて軽いMacBook 12、なんというか、トラックパッドも新しい構造になりました。
なんというか、沈むスイッチじゃなくなりました。え!?

そう、クリックがクリックしないんです。いや、クリックしてもスイッチとして下に沈まないんです。
でも、カチっっていうんです!!
すごいですね。ただの板を少し強く押すと板の反対側からバネのようなものでカチっと叩いてくれる感じなので、まるで押し込んだ時にスイッチで押したかのような感触があるのです。しかも裏からでもないとかわけわかんないぞ。

そして、この機能、押し続けるというかもう少し2段階目として押し込むと、さらにもっと深く押し込んだような錯覚を起こすようなカチっていう感触を与えてくれます。

部品の故障に関してはわからないんですけど、面白いですよね。こういうの。
うっすい筐体で2段階の押し込みスイッチを作ったらペナペナ感しかできないでしょうから、へぇっていう感じの秀逸アイデアです。


iIMG_4677

他にも、音が意外にも綺麗だったりとか、やっぱりRetinaなディスプレイが綺麗、かつ、解像度を12インチなのに広くとれるっていうのが大きいです。

jKS1P9080

ただ、中身はネットブック程度のスペックなので、起動は遅め。
使い出すと、遅さは感じないのですが、計算負荷をかけると今どきとしては遅めに感じるかもしれない程度。
触っている限りはまったく気になりませんけどね、こういうスペッキーなとこ。
なにせ、裏面は暑くならないし、ファンレスなので静かだし、薄くて軽いっていうのは素敵です。

そして、何度も言いますよ、美しすぎるゴールド!ゴールドエクスペリエンス!

kKS1P9081

写真は自分で撮ってきたパリのエッフェル塔のモノクロ。
ゴージャス感はパリでなくちゃね。

lKS1P9083

で、この新しい「写真」っていうアプリが凄いです。今までのiPhotoってどうなの、って感じでしたが、今回、このMacBookのSSDの速さ、それから USB-typeCの速さっていうのもあって、K-S1のフル画像20枚なんてあっという間に取り込みます。10秒かからん。早い、凄い。

これ、K-S2ならWiFiで取り込めるのかな?だったらいいなぁ、と思う。
かつ、取り込んだ時にGPS付与してくれたりすればむっちゃ使えそう。

mKS1P9084

そうそう、キーボードも説明したいな。
このうっすい筐体に合わせてできた極薄ストロークなキーボード、使いにくい?そんなことありません。
むっちゃ使いやすい。ノートのキーボードに慣れてた人なら、広くなって打ち損じも無くなって、力を入れなくても軽いタッチで書き込める最高の感じです。

今日のblogもこれで書いてますよ。
いつもの1.5倍マシのスピードで書けていますよ。

nKS1P9085

バックライトキーボードも明度を一番下に落としても十分光ってて綺麗です。
LCD側の輝度も半分より下に落として十分実用範囲。まぁ、外で見る時はもう少しあげないとダメでしたね。2つ上がその低め設定、すぐ上の写真が最大です。

今回セットアップしながらやっていましたが、スタミナはだいたい8時間前後は持つ感じでした。ただ、これ、差し口が一つになって1本繋ぐだけで全部ドッキングできるようになる反面、充電回数物凄くなりそだなぁ…。


oKS1P9086

手持ちに今でも残る、古いMacBook Late2008。HDDもバッテリーも簡単に取り替えられる最強のサーバー用MacBook13です。
これとサイズ比較してみたのがこちら。あ、本日の写真はiPhone6PlusとFA77 Limitedで撮ってましたヨ。

これで、画面解像度は1440x900 あって、文字は見やすいっていうんだから恐ろしい世の中になったものです・・・。

明日もこの続きします。
Windows10 テクニカルプレビュー版をBootcampで導入したんで、その話しをしますね。
365のEXCELもしっかり動いてますよ!
 

↑このページのトップヘ