abeshi's snapshot :Exhilarate 軽いカメラ PENTAX K-S1

K-S1について色々語った記録(現在終了) by Abeshi.

2014年10月

こんにちは

この軽くて写りの良いK-S1を旅行に持ち出して使う際、便利でかつ写りもいいなこれ、っていう広角側のズーム探しが続いてて、コレっていうのが見つかっていません。

昨年Q7の購入と同時に、はじめてKマウントレンズを手にしました。購入したのはスーパー望遠の役目にと思って DA18-270mm 452.0gです。 K-S1が手に入るまではKマウントアダプターQで使う4.6倍の超望遠レンズ扱いでした。今、ようやくAPS-Cの晴れ舞台に登ったのですが、全体的に良いレンズなんですけど、F3.5始まりなのに、なぜか心地よいスピードで撮れないことが多いので太陽のあるお外専用になっています。だもんで、それからのステップアップの意味として他の候補を探しているところです。

広角から望遠まで全部一本で軽く済ませたい、と言う思いはこのDA18-270mm以外選択肢を考えていません。既にこれありますし、そもそも軽くありたいのが一番。変に重くするとならQと併せ持ちで事足りちゃいますしね。

それと、このDA18-270mmはとても静かです。そういう意味でお気軽なレンズとしては最適。多分先にQ7でFA77mm limitedを触らなかったら何の気持ちも抱かなかったかもしれません。

しかし、もう少し明るいつまり開放F値の小さい綺麗な絵が撮りたい、イコール室内や曇り空でもシャッタースピードを稼ぎたい、と思った時、やっぱりF2.8通しなどの、より小さい値のレンズが無いと、Q7で身に付いた高速スナップ運用には向かないなあ、ってことなんです。だから、DA18-270mmも悪くはないんですよ。

もう少しいいのを、ってことで中望遠側は結構時間かけて色々触り、DA★50-135mm に1.4倍のアダプターで可変するって言う結論が出ましたが、広角側は素で気にいる奴を見つけたいです。

自分で組み立てるドライブのような旅行なら、単焦点レンズをガチャガチャやるのが良いのですが、ツアーのようなものだとそんな時間はないですので、やっぱり便利ズーム、広角と望遠の2本運用にしたいところ。

そんな思いで徐々に探していたら、手持ちの中古入手レンズも増えてしまっている段階です。

K-S1を旅行用として持ち歩くための準備といいますか、広角側ベースレンズとしての検討をしているものは、ついに3本になりました。ただし資金的には中古です(笑)。コレってのが店頭で結論出てすぐあれば新品の方が良いと思いましたが・・・。

さて、最近やたらと前置きが長くなっていますが、本題に入ります。候補の最初の1本は先日お伝えした Sigma 18-50mm Macroです。
2本目の今回は本命、Tamron のA16です。もう1本、手に入れた安レンズ、Tokina 28-80mm F3.5とも比較してみたいと思います。

それぞれの重さは、下記。置換えの元と成る便利ズームレンズ、DA18-270mmの450gに比べ、軽いのがタムロン、重いのがシグマです。

検討1: Sigma 18-50mm 485.5g
当て馬: Tokina 28-80mm 274.0g(軽いけど広角距離的に使うつもりがない^^;)
検討2: Tamron 17-50mm A16 434.5g

KS1P1732

さて、画像比較でもやろうかな?って色々思って撮ったんですけど、微妙に同じところにピントが合わない。
そのせいか、色の捉え方も微妙に違う。
全部新品でやればハッキリするんでしょうけど、中古ってこういうの含め諦めるしかないですよね。

そこで、自分なりに考えたのは、HD DA40mm Limted F2.8 と同じものを撮影し、その色カーブを同じ撮影条件(F2.8ができるものはF2.8で撮る)でやってみて、カラーレベルを見て考えようってもの。

撮った対象は、こんなもの。

8-Limi
PENTAX K-S1: HD DA40mm Limtied 1/100s F2.8 ISO100

作例としては少しオーバーで飛んでる感じなのですが、まぁ、暗いとこあり明るすぎるとこありっていう手短な場所にあって直ぐ撮れるのは自宅の庭だということで(笑)

あまり日差しも強くなさげなところで連続して撮りましたが、雲がありましたのでまったく同じ環境で撮れない。

レンズの性能比較テストって難しいですね。

KS1P1715
PENTAX K-S1 1/2000s F13.0 Tamron 17-50mm A16:42.5 mm(64 mm) ISO200

で、庭の写真をそれぞれのレンズで撮ってみて、カラーレベルをMacBookで見ると、こんな感じでした。

広角レンズチェック

一応やれるところはやっておこうってことで、SRをオフ、三脚撮影、回折補正オフ、NRもローパスもオフ、イメージはナチュラル、ハイライトもシャドーも補正オフ。
それで比較した感じです。
絵をつけるとこうなります。

広角レンズチェック2

あくまでもこの時に記録されたカラーの取得具合って感じでの比較ですが、ぱっと見た目には、タムロンもシグマも大して変わらんです(笑)

まあ、でも、総合的には赤色カバーの幅が若干多めにとれるTamron A16の方が大好きな HD DA40mm Limited に近いようでして、更に重さも軽いってことで、コッチに分がありそうです。

DA18-270mm は暗い側にシフトしている感じがありますが、そもそも F3.5 -5.6なため、40mm付近ではその分暗くなっているか、明るい分が取得できなくて色が寄ったのかもしれません。

ということで、しばらくはA16を広角側で使おうかな、って思っています。

まだまだ対抗馬としては、PENTAX HD DA20-40mm Limitedと、今後出てくるであろう DA16-85mm ってやつですね。広角の2mmの差は割とあるので、かつ室内で使うことも考えたら、F2.8なSigmaかTamronの二択になるでしょう。DA16-85mmのレビューも観てみたい。チャートとかグリッドテストとか、フリンジテストなんて、マトモな一眼始めたばかりの私じゃ持ってないですし。

ところで、まだ写真が溜まっていないのでハッキリとは言えないのですが、Sigmaに比べ、Tamronのは2重のリングが出るアレ、二線ボケってやつでしたっけか、あれが出やすいです。

KS1P1704
PENTAX K-S1 1/125s F2.8 Tamron 17-50mm A16:50.0 mm(75 mm) ISO100

サムネイルは結構縮小しているので判りにくいかな、そういう意味では気にするレベルではないのかもしれません。
F2.8のレンズとして、それらしく期待通りに綺麗に溶けてくれるのはSigmaで撮った方が若干多い気がします。
先日にも書いたとおり、Sigmaの方が素直なレンズ特性で判りやすい。普通ですが、普通に期待した通りになります。

KS1P1696
PENTAX K-S1 1/200s F4.0 Tamron 17-50mm A16:50.0 mm(75 mm) ISO100

Tamron A16は色もよし、軽い。ちょっとボケが汚い傾向が出てはいるけど、ポイントは旅行用の便利レンズの広角側としての検討ですから手軽さです。

DA18-270mmでは暗くて日中以外では撮りにくいし、無理に一本で諦めるならコンデジで良い訳で。せっかく一眼なんだから1本で済ませないで、2本で切り替えて気に入った絵を見つけたいってことです。だから、その際、中望遠は DA★50-135を使う前提ですが、アレ少し重いですから、持ち物は少しでも軽くしたいので、私の広角側は当面 Tamron A16でいいのかな、と思います。

色のりはいつものPENTAXぽいので、カスタムで鮮やかとか使わなくてもナチュラルそのままでも使っていけそうなのが良さげです、コレ。

KS1P1688
PENTAX K-S1 1/160s F3.5 Tamron 17-50mm A16:50.0 mm(75 mm) ISO100

ぁあ、対抗馬としては、DA★16-50mmってのが有るのは分かってますが、対象外です。怖くて中古に手は出せないし、新品買うのは価格的に厳しい。また、足ズームでカバーできそうな最高峰レンズである、FA31mm Limited も、今後HD版とか作り直しが出てくれる可能性もあり、自分的にも熱望。もっとも、Qの09番マクロの入手が先かな、とも思ってるので今年のレンズ購入はもう自主規制です(笑)

こんにちは この間、 Sigma 18-50mm Macro F2.8を試す機会があったのでその辺の話を。
と、言っても、素人なので感覚でしか話せませんが(笑)

まず、すでに生産終了なレンズなので、中古でしか手に入らないかもしれません。
つけた感じは結構軽く感じました。

前回の書き込みでも書いたとおり、レンズと本体合わせて1kgぐらい。長さのバランスも良く使いやすいです。

KS1P1468
PENTAX K-S1 1/60s F2.8 Sigma 18-50mm Macro:35.0 mm(52 mm) ISO1250
#レンズの重さと同じぐらいの肉

あ、レンズのズームリングを回す向きが逆なので、その点では使いにくいかもしれません。

IMGP9550

取り敢えず、お花に近寄ってみました。花形フードの先端5cmくらいまで寄れます。

KS1P1424
PENTAX K-S1 1/320s F7.1 Sigma 18-50mm Macro:35.0 mm(52 mm) ISO100


他、広角が18mmスタートなので結構使いやすいです。大きな建物とかもすぐに撮れるため、割と街歩きに向いています。
注意:画像はサムネイルです。オリジナルの配信は終了しました。

KS1P1596
PENTAX K-S1 1/640s F8.0 Sigma 18-50mm Macro:35.0 mm(52 mm) ISO200 ハードモノクローム

肝心の写りに関しては、可もなく不可もなく、驚くところもなく、というような気がしています。
近寄って遠くに背景を配置しているときや、F2.8に絞ってボかしてると期待通りの明るさで奥行きのピント幅も良く、ぼかしやすい絵を簡単に作れます。
気になるのは、逆に絞って広角を撮るとき。なんか、Q7で08番で撮っても変わらんじゃん? って思えてしまうような気分にもなります。まぁQ7と08が優秀なのかもしれませんが、画素数はコチラの方が上ですのでその分良い、くらいな感じ。一概には比較できないし、私は科学的には説明できないのでなんともいえませんが、そんなイメージです。

KS1P1416
PENTAX K-S1 1/200s F5.6 Sigma 18-50mm Macro:35.0 mm(52 mm) ISO100
#SIGMAのレンズでtamron社を撮る俺(笑)

うーん、そこそこに良いレンズなのですが、ドキっとするようなワクワク感はこのレンズからは来ませんでした。でも、まぁそういうような色々な事情があって廃盤したレンズなんでしょうね。それと、なんか、距離情報がおかしい、この個体固有かな?みんな35mmになっちゃってます。

KS1P1597
PENTAX K-S1 1/160s F4.5 Sigma 18-50mm Macro:35.0 mm(52 mm) ISO100

コレがQのレンズみたいに、もっともっと軽かったら外で汚れも気にせずガンガン使う常用レンズ、ってなるんでしょう。それでもかなり軽めですから、普通ならコレでいいかもしれません。
手元にはQ7+08レンズがあって、それより重いですからね。コレ使うなら広角に関してはQ7+08でいいやって感じもしています。Kマウントレンズの広角側〜標準域のズームレンズって難しいですネ。

KS1P1590
PENTAX K-S1 1/500s F8.0 Sigma 18-50mm Macro:35.0 mm(52 mm) ISO100

広角側の旅行レンズ、もう少し色々見ていかないと、自分的にコレ!っていうところに来ていません。
このくらいなら、DA18-270mmでもいいかな、でもF2.8を実現していて一応マクロみたいだから、室内に入ったとき切り替えるのには向いているかなぁ?って感じです。もうちょと他のと比べてみたい。


・・・さて、買ってからずっと気になっていたところの1つ、背面ダイヤルの「かたさ」についてですが・・・。

2014-10-23-23-23-11
・・・軽く回せる時と重くて硬く感じる時の違いがなんとなくわかりました。

上の絵でわかるかな〜?
どちらかというと中心方向(OKボタン)に向かってギザギザのある外端から水平に近い角度を意識して中央にむけた力を入れながら押し回すと、わりと軽く感じます。力も要らず回るみたいです。
逆に外に向かって真下に押し潰すように回すと回り難くなります。この辺、SONYが作ったスピードセレクターとちょっと違いますね。

ちょっと指の腹が痛く感じますので、この辺、女性とか指を大切に大事にしている人は力を入れすぎないよう練習した方がいいかもしれません。

so505is
FinePix F700 1/9s F2.8: 200mm(7.7 mm) ISO200
#古い写真ですが、SONY SOS505is携帯のスピードセレクターUIは素晴らしかったですよね。それにしてもコレ、偶然かもしれませんが、FUJIFILM F700ってF2.8だったんだ(笑)

さて、今のK-S1の話題は、スイーツですよね(笑)

でも、この売り出し方はどうなの?と思ってしまいます。

今回のスイーツコレクションなカラバリて、この1ヶ月でコットンベージュとかレギュラーの白とか買った人は「あぁ、もうちょい待てば良かった」って思っていませんかね。悔しいんじゃないでしょうか。

l_os_K-S1_swl01
実は、私も「ライムパイ」が気になっています。前面グリップの所がライム色なんですよね!羨ましい。
ココのグリップ交換サービスとかやってくれれば嬉しいのに。

というか、やるべきでしょう。そもそもこういう売り方は私が思うに・・・(後で説明)。

で、普通に考えるとですね、こう、発売から間もない時で、こうした新しいカラバリ展開を行うのって、(1)更なる話題の弾み、(2)値下がり防止、(3)男子向けだけじゃなく女子向けな戦略なんでしょうけど、どうなんでしょう。

今回だけに限って言えばイイやり方なのかもしれませんけど、個人的にこんな売り方されてしまったら、こんなやり方、マズイですよ。だってもう次のモデルが発売されるときには、K-S1だけでなくQであっても、その発表と同時に予約して買うのはやめようって、誰もが思っちゃいます。
そう、話題性が続く反面、アーリーアダプターを切ってしまった売り方じゃないかと思うんです。

あぁ、PENTAXのカメラをすぐに買うのは「愚策」。

発売されても数ヶ月は待った方が「より良い色」が後から出てきて、そうでなくても値段がこなれる・・・って、ユーザーは学習しますよ。
そうなると、今回以上に他のモデルでも「まずは様子見」が加速するでしょう。

これ、今後PENTAXから出るカラバリ展開機種は、初速ゼロになる可能性がありますよ。マズイです。

私自身、例え次のQや魅力のあるモデルがでても、もう、ギリギリまで様子見ようって思いましたから。
そうなると、よっぽど完成度の高い機種でない限り、他のメーカーの待った後の新製品との比較になるので、よろしく無いんじゃないかなぁ、と思うのです。
安く作るためのハードルを上げてしまった気がします。

また、今回のオーダー期間は、クリスマス時期からも微妙に外れているので、今度は青ベースの違うモデルとか、黒の派生も期間限定な受注生産でバリエーションが出るんでは?・・・ などという気もしてきます。年明けから。これは、マズい概念を植え付けてしまった気がします。


でも、それでいいのかもしれません。

これが後回しにした私なりに思うことではありますが、一旦作った倉庫在庫、そのレギュラーカラーにちょっとだけ派生するモデルでずっとやっていく展開、っていうのは、捌きにくい溜まったものを定期的に吐き出し、消化できるわけですよね。
これは新しい売り方です。

しかも、余ったグリップは交換サービスで提供してくれれば買った後のユーザーにも興味がもってもらえる。そのやり方は面白いです。
(だから、そういう意味でライム色のグリップ交換受け付けてください・笑)

最近のカメラ販売、買う側としては100円でも安い方がいい、それはありますが、初めから半額以下で売らないと買ってもらえない、または初心者に言葉で畳み掛けて売らないと、なーんてこと意識すると、色や光などの判りやすいモノで訴求するか、きっぱり諦めて原価が2〜3割で作れるようにしておかないと儲けになりません。でも、そうすると、それ相応の機能と耐久性なものしか作れません。

買ったモデルが2年で壊れて新しいのを、っていう家電的な戦略での喚起もあるとは思うのですが、個人的には、サブカメラ的にも役目を与えて、買ったものは長く使っていきたいとも思います。

また、長期旅行などでも安心できる質感っていうものであって欲しいです。
だから、あんまり安い造りにしないでちゃんとして欲しい。そういう意味で、今回のK-S1は、過去に作ったモデルの流用部分、塗装をする部分には少し高級感がでる色、汗や擦りなどで剥げる部分は素材の色、奇麗なラインで差を分かり難くしているデザイン、結合部分にLEDと透明パーツ、いろんな意味で良く出来ていると思います。ハードについては。

KS1P1436
PENTAX K-S1 1/100s F2.8 Sigma 18-50mm Macro:35.0 mm(52 mm) ISO200

このカメラはQのように常に首か肩からぶら下げてサクッと撮るためのカメラだと思います。
だから、Qでよく使うクイックダイヤル的に使えるEFFECTのお気に入り登録だけは、アップデートで欲しいなぁと思います。

ハード側のグリップ色交換と、ソフト面のお気に入り登録だけあれば、K-S1はずっと使っていける良い機種だと思います。
防塵防滴モデルではないので長く放置する事は私的には無いでしょう。だからでインターバルとかはもう無くても良いと思います。

P.S. つぅか〜、昔から明るく撮れる軽いカメラをずっと追ってましたけど、2003年から11年も経っててもF2.8呪縛なのか・・・あの頃はF2.8とはいえセンサーも小さいコンデジだからまったくボケなかったな・・・。

こんにちは

PENTAX K-S1、軽いので重いレンズは向いていません。やはり、このカメラ、似合うのはリミテッド系の軽いやつ、DAの中でも、取り分け500g前後を切るような奴との相性で考えたほうが良さげです。

このカメラ、とにかく写りがむっちゃ良くて軽いというのが最大の魅力です。

K-S1を持ってる時は『じっくり』腰を据えて使うような使い方はしないんだヨ、「俺は三脚すら使いたくねぇ」っていう一点頑固突破型のカメラだと思います。

また、旅行に行くときなんかも『基本領域だけはオレがやる』、『他の距離範囲はQ7やiPhoneに任せたぜっ』、っていう無茶苦茶な主張を無言で発してくれるカメラな気もします(笑)。

でも任せた領域はQ7よりもiPhone6よりもレンズの味も活かしてバッチリ安心ってな感じで頼もしいです。ココがいいですよね。フォーカッシングスクリーンをオプションで手に入れて交換しアイレベルの像にグリッドを入れてからの数日、ようやくですがK-S1を気に入ってきましたヨ。相変わらず覗くの面倒くさいですが(笑)

・・・そこで、1年ちょっと前にQ7で初めて一眼カメラ世界・・・正確にはオールドレンズを含めた「レンズ沼」に足を踏み入れた私、その手持ちレンズの中でK-S1に向いていて使えそうなものを例にして、どういう構成が一番ベストになるのか、理想の持ち歩きパターンは?っていうのをQ7の基本重量を300gを一旦目安として考えてみたいと思います。


IMGP1286_FA77

FA77mm Limted F1.8 270g +K-S1:560g で830g ○ 2.5個分

写りは手持ちレンズの中で最高。結構軽い。

IMGP1289_50-135

DA★50-135mm F2.8 685g +K-S1:560g で1245g △ 4個分

2番目のお気に入り。少し重いのですが77には無いズームが頼もしい。

IMGP1292_L40

HD DA40mm Limited F2.8 88g (フジツボ付97g)+K-S1:560g で657g ○2個分

3番目のお気に入り。鞄に入れる時はいつもコレ。デザインもスナップ性も高くものすごく軽い。

IMGP1290_18-270

DA18-270mm F3.5-6.3 453g +K-S1:560g で1013g △ 3.4個分

少し色や暗さに難はあれど、日中に歩き回る時は頼もしく、コレ1本で済んでしまうのがお気に入り。

IMGP9550

SIGMA 18-50mm F2.8 EX MACRO 485g(プロテクタと花形フード込で546g) +K-S1:560g で1045g △3.5個分

最近手に入れて実験中、スペック的には私の理想のレンズ。室内で明るく料理と一緒に相手も写せ、しかも寄れる。但し現実は少し周りが流れてたりアンダーぽいんです。確か18-20cmでAFきます。

IMGP9545

SIGMA 170-500mm F5-6.3(ずっと150mmと勘違いしてた・・・1345g) +K-S1:560g で1905g × 6.4個分

割と前にQ7で遊ぶために(換算2300mm)手に入れていましたが、Q7じゃボヤっとしてしまうし暗いから使い物にならなかったやつ。この間トンボとか撮ってるときに便利かもって思いました。
車で移動するときに持っていく感じ。超望遠はコイツ。

IMGP1291_R70MA

RICOH 70-150 F4 (MF) 463g +K-S1:560g で1023g 3.4個分

オールドレンズの中でも結構使える便利なやつ。発色が好み。まだK-S1での試運転は終わっていないので付けた画像だけ。

IMGP1287_PM50

PENTAX-M 50mm F1.4 (MF) 236g +K-S1:560g で796g 2.65個分
こいつもオールドレンズの中で結構気に入っている奴。
ちなみに、コイツのデザイン、めっちゃK-S1に似合っています。このデザインで18-50mmくらいのレンズがでたら飛びついちゃうだろうなぁ、こういうK-S1に向いているデザイン優先してて明るいF値のレンズが出たら嬉しいのに・・・。


・・・今のKマウントのレンズ沼っていうと、上記のような感じです。正直、Q7比較で4個分(1200g)を超えだすと、もう重くて持ってられません。

持ち歩きも、レンズとカメラ全体で2kgが限界ですね。この2kgってのは昔2kgのMacBookと前進であるPowerBook を毎日3kg近いのを持ち歩いていた過去の通勤経験からはじき出された限界です。

といった経験から来るに、出てくるのが以下の感じ。

(1)DA★50-135mmを後ろのズームとして考えると、広角系の前はSIGMA 18-50mm&HD DA40mmにするのがベストかな。HD DA40mmは鞄の中でのキャップ扱い。前は室内や夜中心。写りは全般的に良くなりそうだが、若干重めの持ち歩き。

(2)DA18-270mmの一本中心でFA 77mm単焦点、50mmのF1.4かもう一つ20mmクラスを手に入れて数本持ち歩くパターン。日中は便利ズーム、室内と夜は単焦点に任せる感じ。基本1本なので機動力は高い。軽さも問題なし。

(3)広角側はQ7+08番にお任せ、もしかしたら06番の中望遠もQ-S1にお任せ。換算30-100mmクラスをK-S1で担当する新レンズを求めるかSIGMA18-50mmにほとんど任せてしまうパターン。
ただし、こうなると年末までに出そうなDA16-85mmが本当は向いていそう。

もちろん、今持っているレンズ前提なので、組み直しもありかとは思うのですが、基本中心的に使えそうなものはF4以下のレンズで構成してきたので、もうすぐ発売されると噂のDA16-85mmはどうなるのか、広角側の悩みを解決してくれるのか?それともtamron A16にしないと駄目か?っていう焦点どころではあります。
SIGMA18-50mmは全般的に良いんですけど、まだあまり活用できていないんです。
それと、少し試している限りでは若干アンダー気味に写るところと、広角の端・四隅に色収差が見受けられてて色や文字が滲んでるいる気がしています。
正直、超広角の領域に限って言えばQ7の08番の写りの方が好きでそれで満足しているんですよね・・・。まだアストロ手に入れてないし・・・。


それから、FA31mmなどを含むLimitedの新規導入も捨てがたいのですが、やっぱり付け替える手間、落としたらもったいない、あんど、F2.8系のボケを作りやすいレンズを結構もっていることを考えると、そんなに急ぎで欲しい!っていう気がしていないんですよね。そもそもあれ純正フードが駄目だし。HDコーティングした新バージョンとか出る可能性も捨てがたいし、数年先にそうなってからでもいいかなぁ、と。出るかどうかも判らないですけど。


うーん、やっぱり、K-S1はQのサブになりそうだなぁ・・・。あ、いや、一点集中で任せろ的なメインか。

もしかしたら、私のスタイルはとにかく「軽く」「時間短縮」で「明るいレンズ」が主なので、正直 09番のマクロなQマウントレンズが出たときには、Qの3個同時持ちスタイルっていうのもアリなんじゃないかと・・・。
実は・・・その方が機動力もあったりして・・・クイックダイヤルあるし、ユーザー登録もありますしね・・・。うーん・・・。

それに、Q7やQ-S1のそれぞれにレンズを別々に付けて、例えばQを3個同時持ち運用したとしてもトータル1kg切っちゃうんですよね。それで結構賄えてしまったり。

うーん、悩む悩む・・・。


こんにちは。

休日は、K-S1を持ち歩き始めています。いま、台風前に少しだけぶらりできました。


KS1P0972

PENTAX K-S1 : DA★50-135mm w/ A.F.R.C.1.4x 1/30s F5.0 lens:144.2 mm(216 mm) ISO800

今日はDA18-270mmの話もありますが、どっちかと言うとこの DA★50-135mm の話しを。

というか、DA18-270mm という便利ズームとFA77mm limited という構成にHD DA40mmを付け足してK-S1をイロイロ使ってみているのですが、まず、軽いボディには出来るだけ軽いレンズを付けるのが正解ってのは判りました。

HD DA40mmを使ってると、本当に軽いって正義だなあ、って思います。
特にずっと歩きっぱなしの旅行。首が痛くならないのは大きいです。

で、便利ズームなDA18-270mm、本当に広角から望遠までこなせて色乗りもまあ良くて便利なんですけど、やはり昼間しか、というか、明るい日差しがあるときしか納得できない絵になりやすいんですよね。

暗くなってくると、なんか、これならQでもいいかなー、って思える時があります。


私にとって、DA18-270mmは朝とか夕方に出番がないことが多いので日中専用になりつつあります。

A3プリントどころかA4印刷も滅多にしませんし、等倍鑑賞なんてのも縁がなく、かつ、後からRAWを現像したりするのも面倒くさがりなので撮る時一発勝負なんですが、それでも、K-S1にはQ7よりいい絵を望みたい訳で・・・。

で、ボケを活かした写真や、緻密な建物のショットはQ7からK-S1になることで、かなり良くなりました。

また、Q7からK-S1になることで ISOを6400位まで持ち上げられるようになったんですけど、それが嬉しく、Qではブレて撮れないところでも気楽に撮れるようになりました。

ただ、そうであっても、なんか、こう、FA77mm limitedを知ってしまったからか、どうせ撮るなら、ってな感じで、DA18-270mmではやるせないの時が多く感じ始めています。

あ、DA18-270mmをつけてる時のイメージは、こんな感じ。

IMGP1290_18-270


コレは広角状態で一番コンパクトな時。ズームロックもあるので安心して持ち歩けます。
この18-270mm、便利でしかも割と軽く453gで、まあ、首から下げても辛くはありません。

但し、花形フードは邪魔くさいので簡単に伸縮出来るエツミのラバーフードにしています。

うーん、
と言うことでレンズ計画を再構築していこうと思います。
HD DA40mmのスキッとした写りが割と好きなので、こいつを持ち歩きの収納アーンド気軽スナップ用のボディキャップ替わりにして、前と後ろのレンズのメインを考えてみました。

結果、後ろはDA★50-135mmを選択。

IMGP1289_50-135


ただし、Q7で06番使ってる時に感じてる換算200mmじゃもうちょい足りない!

っていう長さになるので(135x1.5=202mm)、AutoFocus対応Rear Converter 1.4x 略してA.F.R.C. 1.4x を必要に応じて繋いで使ったり外したり、の運用にしてみました。55-300mmの奴と結構迷いましたが、歩く時の微妙な重さの違いを重視しました。
AFRCが必要な時には鞄から出すということで。

コレが、意外にイイ。この辺の話はまた今度にして、取り敢えず このDA★50-135mmを使ってみて撮ってきたモノを幾つかアップ。

例によって、気になる人はオリジナル置き場からでお願いします。
ここはサムネイルです。オリジナルの配信は終了しました。

KS1P1042
PENTAX K-S1 DA★50-135mm w/ A.F.R.C.1.4x: 1/200s F7.1 lens:189.0 mm(283 mm) ISO800

#レッサーパンダの髭感とかも撮れる

KS1P0915
PENTAX K-S1 DA★50-135mm: 1/200s F3.2 lens:135.0 mm(202 mm) ISO400

#花を撮ってもステキ

KS1P0904
PENTAX K-S1 DA★50-135mm: 1/400s F2.8 lens:135.0 mm(202 mm) ISO100

#この猫オブジェがカワイイ

このDA★15-135mm、正直いうと、重く、685g。但し、K-S1本体の軽さのお陰でなんとか耐えられる範囲にきています。こういうところで少しでも軽いボティってのが効いてきます。
それと、やっぱり花形フードが好きじゃないのでこいつにもラバーフードつけてます。
まあ多少重くても、FA77mm limitedを使わなくても良いくらいに活動範囲が広がってますので、逆に旅行にはFA77mmを持っていかなくて良くなり、気分的に楽になります(笑)

旅の時はレンズ交換があまりできないのでズームの方が気楽でいいですよね。


Qと違って片手でホイっとレンズ交換出来ないので時間がかかります。
落としたりとか気にしだすとFA77mmはヒヨイヒョイと持ち出してガチャガチャやりたくないし。
また、レンズ交換を何度も繰り返すとその分機動力は落ちてしまい、せっかくの旅行の時間を奪ってしまいますから、やっぱりレンズはあまり替えない方がベストですよね。



KS1P0874
PENTAX K-S1 DA★50-135mm:1/160s F3.5 lens:50.0 mm(75 mm) ISO100

#フェードカラーは良い味

KS1P0830
PENTAX K-S1 DA★50-135mm: 1/400s F4.5 lens:90.0 mm(135 mm) ISO100

#撮影地は横浜



だから、本当は便利ズームでF2.8クラスのもので500gを切るようなレンズが欲しいのですが、満足出来そうなものが無いんでチョットションボリ。


KS1P0990
PENTAX K-S1 DA★50-135mm w/ A.F.R.C.1.4x: 1/30s F18.0 lens:189.0 mm(283 mm) ISO800

#コレは快心のショット、ザ・ワールド的(笑)


最後のはこの若干遅めのシャッタースピードでこの時を止めたような絵、K-S1にこのレンズDA★50-135 with A.F.R.C. 1.4xを付けてたからこそバッチリのシーン、丁度良い距離感に出逢えた形です。

こういうのが撮れてくると、あぁ、Qじゃ無理な世界に足を踏み入れたんだな、って気がしてきます。
うん、重くてやだなー、でも、良いなあ、って思ってた世界に足を突っ込めたのを感じると、K-S1はやっぱりイイなって思います。

こんにちわ

K-S1が発売され、少し触れる時間が取れましたので例によって youtube へのアップをしてみました。



色々判ったのは、顔検出アシスト。例の グリップLED のもう一つの機能です。 コレ、まず、ライブビューモード(ミラーをアップ)しないと使えないようです。 ライブビューモード時に AF の動作方法を変更して使います(INFOボタンより)。 顔検出ではなく、顔検出アシスト。

IMGP9324

液晶画面に顔を検出する枠が出てくるのですが、その枠に連動しています。

次に、フォーカッシングスクリーン。
これはK−3ではない機種と同様にセンサー側の入り口からピンセットを使って取り替えるようです。

ML-60


このピンセット、とても使い難い。ラジオペンチで代用した方がよっぽど操作しやすいです。
また、非常に傷がつきやすく、そのセットまでにK-S1の機器の内側にある薄いアルミのフレームなどにこすれるだけで傷になります。

IMGP9333

K-3だったと思うのですが、アイカップ外した内側にプラ版形式で取り替えられるようなものにしてほしかったと思います。

O-ME53

更に、拡大アイカップ「O-ME53」を使うとファインダーが見やすくなりますが、下側に表記されるISOなどの下部の文字数字は見えなくなります。

視野範囲も狭くなります??ってあれれ、これはまずい、ってな感じなものです。

まぁ、対象は見やすいと思いますが、せっかく写真の縁まで同じものを見られるっていう売りが消えます。一長一短で難しいですね。
とりあえず、フォーカッシングスクリーンのみを ML-60 にしました。

ファインダーで狙っている最中に水平垂直の参考ラインが出てくるようになりましたので、ようやく変な水平垂直がとれない写真の量産から脱却ができそうな気がしています。

こういうのエントリー機種にオプションにする必要あるのかなぁ、って思います。

内部にアクセスさせて壊される機会を増やすことや、むしろそれを危惧して何もしない、または出来ることすら思いつかないってのが初心者。だからグリッドではないもので出荷する方がよっぽど不親切だと思います。

今回の、と言うよりはカメラ業界は、エントリーや裾野を広げるモデルについてもっと真剣に操作感を見直すべきだと思います。どんどんiPhoneに再定義されてきていますし、それに慣れたユーザーが増えてる事実を受け止めなくてはならないよね、でも、背面タッチさせるのはブレるデメリットとかあるから、そこは真似しなくても良いところですけど。


まあ、その中でも音の不便さに取り組んで出てきたK-S1は良い方向なのかもしれませんけど。

総合評価: 78/100点くらいで、賛否両論なモデル、下記に4つ以上あてはまるなら唯一無二の存在。
初値近い価格でなら本体のみ購入で、軽い40mmレンズやlimited レンズ、安いDA35mmや中古レンズの検討をオススメ。ハードの完成度は高くタイムラプスと多重露光撮影をしない前提ならエントリーとしての機能は十二分です。
  1. 小型や軽いモデルを求めている
  2. おたくっぽいor年寄っぽい風貌なカメラを持ちたくない
  3. 色・形・デザインのどこに一目惚れ
  4. 事前にエフェクトを設定して撮る、RAWの後工程を必要としないQシリーズのようなスタイルが好き
  5. 「何かしらのカメラ(iPhone5以降を含む)を持っていてて良く撮る」が少しレンズ遊びしてみたい
  6. 広角が好き、または天体撮影してみたい
  7. Kマウントのレンズ(古いマニュアルも含む)に惚れている
  8. Qシリーズを持っていて、画素数や解像感に不満を持っている
「PENTAXのカメラの特徴」というか、他のメーカーとの違いってのが見えてきた、新時代のカメラの初号機じゃないでしょうか。

画像も素晴らしいです。 サンプル写真はこちらから取得できます。

さて、ザッと78点位になった項目を列記してみます。
外観
小型軽量さ
鞄などに入れやすい
モダンデザイン
音消してLEDで確認
高級感
プラボディ、無塗装に見えるマット色が多い(レギュラーカラーが良い)
カラバリ
オーダーに良い色が少ない。細部カスタマイズ不可(LEDや背面グリップ等)
ホールド・フィット感
賛否両論。重いレンズの時に若干バランスが悪くなり持ちにくい
滑り止め
指先のみ
ストラップホルダー
三角環の形状ではないのが残念
防塵防滴
×
このモデルでは削られている
液晶モニタ
3型、92万ドットTFT、日昼まあまあ。チルト不可(ローアングルに不向き)
フラッシュ
GN10、1/180秒、シンクロ有、外付難(但しISO感度高いため不要かも)
出力端子
規格USB、規格HDMIのケーブルを採用
撮る前
ファインダーへのこだわり
見やすい。視野率 約100%、0.95倍。拡大アイカップ別売有
各種ダイアル操作
少なくするコンセプトで初心者に判りやすいが従来とあちこち配置が違う
フォーカッシング
ファインダー時TTL位相差異、11点。モニタ時コントラスト検出
測光方式
77分割測光、RGB式ではないものの優秀
高速シャッター
1/6000s〜30秒、バルブ方式2種類選択可
手ブレ補正
SRによるボディ内補正有
ノイズ
塗りつぶさない程度にあり
HDR撮影
一般的。同じ速度で連射
エフェクト・加工
豊富で時短に貢献。一部は撮る前から瞬時に入替可能
リモコン
シャッター操作に対応。前面のみ。細かいiPhoneからの無線操作はFLUCARDで対応
外部モニタ
ライブビュー出力先変更で利用可
GPS・天体
オプションだが天体撮影で赤道義が要らなくなるメリット有
グリッド表示
複数選択(ファインダーは手前交換式。液晶側は細過ぎて見えにくい)
記録
画素数
APS-C、CMOS2042万画素。バランスが良い
RAW対応
ワンタッチ記録有(2種類・DNG,PEF)
ローパスセレクター
モアレ軽減式と解像度優先を簡単に選べる(ブラケット撮影有)
回折補正
レンズの特性をカメラで調整する回折補正機能有。より精密な絵を表現
高感度
ISO100-51200で実用域~6400くらい
動画
フルHD、1/30p、ステレオ音声記録、H.264 MOV
メディア
SDXC・UHS-I 対応(1スロット)
WiFi転送
オプション。Eye-Fiまたは、FLUCARDにて対応
電池
一般的でライブビューを抑えれば割と持つ。サードパーティに1300mAh有
発色
PENTAX色。バランスが良い。人物や夜景等オートなSCNモード有
ホワイトバランス
CTE有。知覚的補正が素晴らしい
多重露光
×
削られている
インターバル撮影
×
削られている


他、雑感。
  1. セルフタイマーでLED光で視覚的にお知らせ。ダイアルでも光ってます。巷では色々言われているみたいですが・・・
    結構便利に使えていますよ、というか、このグリップのタイマーLEDなんかは秀逸なアイデアだと思います。音消して光で認識する、コレ、嫌ならOFFにできる機能ですから、「変な方向」「おもちゃ」と言って嫌悪や問題意識している人はなんなんでしょうね。
    このLEDの段階タイマー、最近では都会の信号機に良く使われているものと同じ動きで、年齢とともに聞き取りづらくなる高い音を補助する目的を担っているはずです。

    image

    イコール難聴の人でもタイマーのタイミングが判りやすくなるでしょう。
    最近の多種多様な人を考慮したインタフェースとデザインの融合、ただ奇をてらって光らせてるだけではないと想像します。これ、他社に先駆けて導入してきた素晴らしい匠の仕事です。
    ・・・但しOKボタンの青い光、これは必要だったのか謎です。
  2. 背面ダイアルはかなり固く、親指でかなり力を必要とします。ちょっと残念。
  3. このセンサーと解像感は、色バランスも良く良い感じです。2000万画素で1JPEGファイル10MB超。2400万画素より蓄積場所に優しい。
  4. おかげで絵の中でQ7とかでは気にならなかった所まで写り、モアレが気になってきます。そこでこのローパスセレクター。いい感じです。効き目を強くするためのブラケット撮影(何枚も撮って重ねる)もあり、気楽に使えます。
  5. レンズに対してボディが無茶苦茶軽いです。私みたいな軟弱向け(笑)但しレンズによっては重量バランスが悪くなり、グリップが不安定になります。
  6. 親指とカメラ手前の指に滑り止めがありますので掴み方のコツが普通のオデブなボディと若干違います。・・・FA Limitedレンズや軽いDAレンズを付けているときはすこぶる快適です。
  7. UHS-Iの記録媒体に対応。高速なSDXC使えます。今回用意したSDXCは読み90MB/s書き80MB/s。RAW+保存やHDR撮影、ローパスセレクターブラケット等に貢献するのでできるだけ速いものをお勧めします。
  8. 電子水準器、インターバル撮影と多重露出が無い。これ・・・より下の価格のQ MOUNTシリーズにすらある機能を敢えて省く理由が判りません。
  9. 撮影者・著作権情報を予め埋め込める機能あり。コレは気分の問題かもしれませんが嬉しいです。
  10. エフェクトがQ MOUNTシリーズのように簡単にダイヤルで選べます。INFOボタンで微調整可能。後で触る必要が無いJPEG撮って出し派にはうれしい機能です。但し、お気に入り登録機能がない! 赤抽出と青抽出をワンタッチで瞬時に切り替えられない!
  11. リコーフォント。まぁ見やすいと思います。でも必要な画面情報は・・・ほとんど絵(アイコン)化してありますので、そんなにメリットにはなっていない気がします。
  12. ISO51200、私的な実用域はISO6400あたり。これは暗いシーンやF値が大きいペンタのレンズを活かせます。手ブレ解消に貢献しています。
全体的に、ミドルクラスの力量+ハイエンド的な性能を詰め込んだ、ちょっとカメラを知っている人向けのカメラだと思います。


個人的に惜しいと思うのは 「防塵防滴」と「SDが1スロット」「電子水準器」 ってところですかね。スロット数は FLUCARD の大容量、高速モデルが存在しないからです。リモコン関連がケーブル不可、背面受光部なしという仕様なのでFLUCARDが欲しいところ。でも遅い狭い、ってジレンマですから機能を内蔵すべきでしたね。
後はソフト的になんとかなるのでしたら次のモデルとは言わずアップデートで改善・対応して欲しいものです。 K-S1が売れなければK-S2まで続かないでしょう。異端児で終わらせるイメージではもったいない。
どのみちこのモデルはエントリーとミドルクラス想定ならコレに満足できない人たちはフル対応のカメラ(K-3の後継、悲願のK-1?)に行ってしまうでしょう。だったっらAPS-Cは新時代に突入すべきです。


このモデル、ハード的には結構頑張った意欲的なカメラです。ただ飾るだけのリングをオプションで用意するなんて、今まででは考えられない配慮です。ちょっと高いけど。
しかしながら、ソフト的なところでは『もう一歩足らずに落ちた』感があります。もしかして開発が間に合わなかったのかな?
そのあたり、なんとかなれば、かなり化けます。そしてそれは今後フルの時代に続く「PENTAXのカメラの特徴」、他のメーカーとの違いに繋がるのではないでしょうか。このK-S1というモデルで大きく花開きそうな感じがします。

2014-09-30-12-49-13 
・・・なだけに・・・これ、出しっぱなしで終わらないで欲しいと願っています。

↑このページのトップヘ